IT弁護士に相談して誹謗中傷対策をしてもらう

IT弁護士に相談をすれば、インターネット上に存在している個人や会社に対する誹謗中傷を削除してもらうことが出来ます。一般的に、インターネット上に存在する匿名掲示板に対する誹謗中傷を個人のレベルで削除してもらうことはかなり困難です。これは一つの会社からの立場であっても例外ではありません。日本国内で運営されている匿名掲示板のサーバーは、大半の場合で日本国内ではなく海外に存在しています。

サーバーが海外にある場合には国内で生じた書き込みの問題に関して運営者が何らかの対処をする責任を負いません。理由は単純明快で、そのように罰する法律が日本にはないからです。日本で行われたインターネット上の書き込みを処罰するためには、それ専用の法律がないと出来ません。そのため、実際に誹謗中傷などを書き込んだ相手に制裁を与えるためには別の手段を考える必要があるのです。

そこで、IT弁護士に相談をする事が大切になるのです。IT弁護士は、インターネット上に関する問題を解決してくれる専門の弁護士であるためこうした誹謗中傷の相談にも簡単に解決策を講じてくれます。具体的には、書き込みを行った人物を特定して損害賠償を請求することが出来るようになるのです。弁護士には、プロバイダに対して書き込みを行った人物を特定するための情報開示請求権が与えられています。

この権利を行使すれば悪質な書き込みに対してはその書き込みを行った人物の情報が得られるようになるので、適切な対処を行うことができるようになります。