債務整理の決断はお早めに

借金を借金で返済するようないわゆる自転車操業に陥っている場合には、速やかにその状態を脱する必要があります。なぜならば、借金を借金で返済しても、いつまで経っても返済が終わらないからです。つまり、半永久的に返済をし続けることになります。利息の計算上そうなってしまうようになっています。

このような事態になった時には自分での借金の返済は無理だとある程度見切りをつけて、債務整理の方法を選んだ方が得策です。自己破産や民事再生などの方法がありますが、いずれの債務整理の場合でも申し立てや弁護士や司法書士への依頼料等で相応にお金がかかりますから、その依頼料等の費用分や当面の生活費相当が残っている状態で、速やかに申し立てることが重要になってきます。手元にお金が全くない状態では、生活すらままならない状態ですから、そうなる前に少しでも早く、返済が行き詰ったと感じた時にこそ専門家への債務整理の依頼をする時であると見極めるように心構えはしておきましょう。なお、申し立て時には費用を求めてくる弁護士や司法書士もいますが、場合によっては全てが終了した後で弁護士費用などを支払ってくれればいいと言われるケースもあります。

まずは借金の整理を優先して生活再建への道筋をつけることが、多重債務者への優しさというべきものと考えている専門家が多いからでしょう。最初の契約の段階でこの依頼料の支払いは相談しておくことも大切になってきます。