自己破産しなくても債務整理の手段はいくつもあります

任意整理とは、弁護士や司法書士に依頼するか、もしくは自分自身で債権者と話し合い、借金の減額や支払い方法について交渉するやり方のことです。自分自身でも行うことはできますが、百戦錬磨の貸金業者と交渉しなければならないので、専門家である弁護士・司法書士に依頼することのほうが多いようです。過払い金がある場合、この債務整理の手段によって専門家への依頼費がまかなえたり、借金が減額されたりするケースがあります。特定調停とは簡易裁判所で調停委員と呼ばれる立会人のもと、総額でいくらをどのくらいずつ返していくのか、債権者と話し合うやり方です。

このやり方の良い点は自分で申し込むことによって費用が抑えられるところにあります。任意整理を自分で行うのと違って、調停委員が立ち会ってくれるので交渉はやりやすくなります。自分で債務整理をやりたい人、むしろこの機会に勉強しておこうという意欲のある人に向いています。個人再生手続とは、民事再生とも呼ばれるやり方で、3年ほどかけて継続的に返せる額にまで借金を減らすやり方です。

これができるのは民事再生法という法律があるからで、自営業者向けの小規模個人再生と、会社員向けの給与所得者等再生の2種類に分かれます。デメリットとしては官報に名前が記載されること、手続きに手間と時間がかかることが挙げられますが、個人を再生することを骨子とした法律に基いているだけに借金減額の幅も大きく、月々の支払いさえきちんとしていれば、文字通りの再生を遂げることができる債務整理の方法です。