債務整理にはいくつかの方法がある

借金の額が膨らみ、にっちもさっちもいかず、このままではまともな日常生活が送れなくなってしまうという場合、早いうちに債務整理をして、借金の額を減らすか、ゼロにしてしまうことを考えた方がいいでしょう。債務を減額あるいは帳消しにすることを債務整理といいます。債務整理にはいくつかの方法があります。もっともよく聞くのは「自己破産」ではないでしょうか。

これは、もう一銭も返すカネがない場合、裁判所に支払い不能の状態であることを認めてもらい、借金を帳消しにしてもらう方法です。自己破産が認められれば、あなたは今後一切返済金を支払う必要はありません。ただし、高価な財産を処分されたりはしますが。次に「任意整理」という方法があります。

これは、返済額や返済期限について債権者と交渉し、月々無理のない範囲で返済していくという方法です。任意整理はあくまで交渉ごとですから、和解に至らないケースがあります。和解できなかった場合は「個人再生」による返済を考えます。個人再生は借金総額が5千万円以下で、継続して収入がある場合に利用できます。

個人再生手続きを裁判所から認められれば借金は5分の1から10分の1に圧縮されることになります。自己破産のようにゼロにするのではなく、やっぱり借りたお金だからちゃんと返したいと思う人は任意整理か個人再生を選択するといいでしょう。いずれの債務整理の方法でも、個人で進めるにはいろいろ大変ですから、弁護士に相談するのがベストです。