離婚の慰謝料は弁護士に依頼すべきか?

離婚の慰謝料は弁護士に依頼をせずに決めてしまう人も多いそうですが、少なくとも相談だけはしておくべきです。なぜなら、慰謝料には相場というものがありますが、素人ではなかなか判断ができないものだからです。インターネットでは200万円~500万円などと解説しているサイトがありますが、さまざまな要素によって左右されます。自分で十分に調べて納得ができるような金額ならばいいですが、少しでも納得いかない部分があったら弁護士に相談しましょう。

専門家に相談をするべき理由はそれだけではありません。離婚時には口約束だけで決めてしまって、後で約束が果たされないことも多いのです。確実に回収をするためにも、弁護士に依頼をしておくべきです。この点に関しては公正証書を作成するだけで解決します。

公正証書は夫婦で役場へ行って書類を作成するだけです。後で約束が果たされないことになっても、その対策をしっかりと理解しているなら自分でやってしまったほうがコストが安くすみます。まとめると、離婚時の慰謝料の金額について完全に納得できて、さらに相手が約束を果たさずに逃げてしまう可能性も考えてその対策もできるなら弁護士に依頼をする必要はないということです。逆に、金額について納得できない場合や、お金をしっかり回収できるかどうか不安だという人はまずは相談をしてみましょう。

相談だけなら無料という法律事務所も結構見つかります。報酬は安くないのでしっかりとメリットを確かめてから契約することです。