弁護士に相談すれば離婚の慰謝料があがる理由

離婚でトラブルになったときに弁護士に相談をすれば、慰謝料請求をできる限り大きくできる可能性があります。これには、離婚やそれに伴い慰謝料の基本的な考え方が関連しています。そもそも、離婚における慰謝料は一律に決まっているわけではありません。確かに、状況によって似たようなケースが存在する場合にはそのケースが参考にされて慰謝料が決まることもあります。

しかし、ほとんどの場合はケースバイケースで弁護士の腕によって大きく変動します。一律に支払うわけではないため、できる限り大きくするためには法律的な根拠と交渉術が大切になるわけです。そもそも、こうした金銭面の要求を行う際には、どちらかが悪いという故意や過失が必要になります。例えば、相手側が浮気をしたことによって離婚を行う際には、弁護士に相談することでかなり高いお金を要求することも可能です。

これは、明らかに相手に過失が存在するからです。一方で、離婚の原因が依頼者側に存在するときには、相手に対して金銭を要求したいと考えていたとしてもその要求が通らないことがほとんどです。誤解をしている人もいますが、これは女性からの要求であっても変わりません。女性だからといって必ずしも財産が分割されるわけではないです。

この上で、弁護士の交渉術がとても大切です。特に、法律的な客観的な証拠が存在すれば相手に非を認めさせることができるため、大きな慰謝料に繋がる可能性が高くなります。