協議離婚には弁護士は要らないと勘違いしていませんか

協議離婚は婚姻関係にある夫婦が話し合いをし、離婚に際してお互いに条件を出して話し合いに納得して別れる方法です。そのために協議離婚であれば夫婦が話し合いに納得して別れるのだから、離婚裁判や離婚調停のときのように法律の専門家である弁護士に依頼をする必要はないと考えている方は多いのです。確かに離婚への話し合いを進めている夫婦や離婚という決着をつけた夫婦の双方が誠実で、離婚後にも相手に対して真摯に約束を守ろうとするならその通りだといえるのかも知れません。しかし早く別れたいからと協議もそこそこに離婚届を提出し、後から詳細を決めるなどしたらどうでしょうか。

詳細に自分に不利な内容があったりしたら、もう別れたのだからと口約束などを反故にすることも考えられます。ところがその協議離婚に法律の専門家である弁護士が依頼されて関わった場合、まず詳細を決めずに離婚ということは考えられません。また弁護士であれば夫婦が離婚するにあたって、しっかりと決めなければならない内容は把握しています。そのため離婚後に片方または双方が何らかの条件を反故にしようとしても、相手側に約束を守るように促すことが可能なのです。

だからこそ話し合いによって夫婦が別れる協議離婚であっても、弁護士に依頼することはとても重要なことだと考えられるわけです。離婚後に後悔しないためには、自分たち夫婦だけで協議離婚するのではなく弁護士の依頼すると安全です。