協議離婚弁護士の選び方

協議離婚とは、夫婦が話し合いをしてお互いに離婚に合意した上で、離婚する方法で、日本の離婚の9割がこの方式を選んでいます。審判離婚や裁判離婚とは異なって、離婚する際に必要な法的な理由は関係なく行え、夫婦の両方が離婚を望んでいるものの、親権や財産といった夫婦の諸問題を話し合わなければならない場合などは協議離婚となります。協議離婚では互いの意見を述べて話し合いをすることになりますが、このさいに弁護士を代理人とすることで法的な面でもスムーズな離婚が可能になります。ただし弁護士といっても得意分野とそうでない分野がありますから、選び方としては離婚専門の弁護士を依頼するのが無難です。

ただし、実績が豊富であっても仕事量が多そうな場合には注意が必要です。弁護士といっても一度に行える仕事量は決まっていますからあまりにも多い場合には後回しにされるリスクがあります。このため時間的なスケジュールをしっかりと応えられる人を選ぶことがポイントです。また協議離婚では、依頼者の話をしっかりと聞いてくれる人を選ぶことが重要です。

話をよく聞いてくれるということはそれだけ依頼者の状況を知ることになり、話し合いのさいにも有利に話を進めることができます。ただいずれにしても最終的に重要なのが弁護士との相性で、代理人となってもらう以上は、依頼者との信頼関係が最大限必要であり、信頼関係が高ければ協議離婚の結果にも十分に満足することができます。