協議離婚なら弁護士は必要ないと思うのは間違いです

婚姻関係を結んだ最初は幸せな夫婦であっても、その後のいろいろなすれ違いなどによって離婚がその解決策となってしまうことも少なくはありません。現代では夫婦が分かれる場合には離婚届を提出することが必要ですが、その多くは協議離婚といわれているものです。協議離婚は夫婦が話し合いを進めて離婚に際してお互いの条件を出し合い、納得できた時点で離婚届を提出する方法であることは多くの方がご存知のことでしょう。ところでお互いに話し合って納得する協議離婚であれば、弁護士に離婚を依頼する必要はないと考えている方は多いのではないでしょうか。

そう考えるのは絶対に間違いではなく正しい面もありますが、万一を考えたときには非常に危険な行動だともいえるのです。何故なら多くの方は弁護士のような法律の専門家ではないため、離婚してからその落とし穴に気がつくことも少なくないからです。たとえば夫婦が話し合って決めたさまざまな条件をすべて、きちんと公正証書などにしたでしょうか。そうでなければ後々相手側が条件に対する約束を守らなかった場合でも、守るように促すことはできないこともあります。

まして口約束であったなら有耶無耶にされてしまっても、何の手立てを取ることもできずに泣き寝入りということも少なくないのです。けれども弁護士に協議離婚問題を依頼した場合には、万一の場合でも夫婦が行った協議の内容を弁護士が適切に処理して内容を遵守させることが可能になります。