協議離婚であっても弁護士に依頼するメリットとは

夫婦が離婚する場合は、まず協議離婚から始まります。この過程を無視して、調停なり裁判なりに行くことはできません。協議離婚というのは、夫婦が話し合って離婚をするもので、基本的に弁護士は不要とされています。離婚に同意すれば公証役場で公正証書を作ってもらえます。

離婚後のたとえば親権などは、その公正証書に従うことになります。しかし協議離婚であっても、弁護士をつけておいた方がいいこともあります。たとえばその配偶者とどうしても別れたいというような時には、それにふさわしいアドバイスをしてもらえるからです。知人に弁護士がいない場合でも、ネット検索で見つけることができます。

また法テラスで紹介してもらうという方法もあります。これは協議離婚のみならず、調停でも同じです。しかるべき弁護士に依頼しておくことで、書類の書き方を指導してもらうことができます。また調停委員にどのようなことを話したらいいのか、教えてもらうこともできますので、できれば依頼しておくといいでしょう。

ただ弁護士には得意分野がありますので、必ず離婚に強い事務所を選ぶ、あるいは紹介してもらうようにしましょう。交通事故に強い事務所や、借金に強い事務所に依頼しても、残念ながらあまり有益な効果は得られません。最近では、離婚そのもののプランを作って応じている事務所もありますし、中には相談料を取らない所もありますので、ますそのような事務所に行って、相談してみることをお勧めします。