法律相談をするときの料金の計算方法を知っておこう

法律相談をするときの料金の計算方法は、それぞれの依頼のケースによってかなり異なってくるので知っておいて損はありません。正しい計算方法を知っていれば、無駄に法律相談で費用を支出する必要もなくなります。法律相談にかかる費用のポイントは二つです。一つ目は、単純に法的なトラブルに関する相談料金です。

これに関しては法律的な事務手続きが必要なのかそうでないのかに分けることが出来ます。法律的な事務手続きが必要ではない場合には、単純に依頼人の話を聞いて問題を解決するためのアドバイスをした料金が請求されます。この料金は、一般的に30分あたり5000円という料金で一律に決まっているのでその範囲内でまとめて説明することができれば料金は最低限に抑えることが出来ます。一方で、法的トラブルを解決するために事務手続きが必要になる場合にはそのための手続きの料金として着手金というお金が必要です。

着手金に関してはそれぞれのトラブルのケースによって料金が異なるのできちんと内訳を出してもらわなくてはいけません。二つ目は、法的トラブルの解決に裁判が必要になるのかそうではないのかです。裁判が必要なときには慰謝料請求などによって勝ち取った利益から成功報酬として利益の数%から数十%の報酬を与える必要があります。基本的には成功報酬なので、実際の裁判が始まる前にどのくらいの報酬を支払うのかを相談しておくことが賢明です。

このように、料金の計算方法は二つのポイントに注目して行うことが大事です。