調理や洗いなどで欠かせないお台所は、日常生活を支える重要な設備です。このため利用頻度も高いため、給水部分や排水部分といった、水回りのトラブルが発生しやすくなります。例えばシンクの排水口から水が流れにくい、あるいは逆流して水があふれ出すといった症状もその1つ。お台所では調理の家庭で食材カスや廃油が出るだめ、少量でも排水口へ流れ込みます。

それが時間とともに蓄積して、排水パイプの詰まりを引き起こすのです。このような症状の場合、市販のパイプクリーナーやワイヤーブラシを使用することで、詰まりを解消することは可能です。しかしシンク下の排水パイプが腐食して、水漏れするほど深刻であれば、大きな工事も必要になります。まずは地域で信頼できる、プロの水道修理会社へ相談してみましょう。

詰まりの原因調査から排水パイプの交換まで、丁寧かつスピーディーに対応してくれるはずです。お台所では調理や洗いで、水道の蛇口も頻繁に使用します。そのため蛇口のパッキンやコマが損耗しやすく、水漏れの原因につながります。またサビや水垢などによって、金属部分の腐食を起こし、これが水漏れを引き起こすこともあります。

パッキンやコマの交換くらいであれば、家庭にある工具を使用して、比較的簡単に交換が可能です。しかし腐食などで蛇口本体の付替えまで必要ならば、プロの水道修理会社へ依頼するのが無難です。素人が無理に手を出すと、修理が進まないどころか、かえって症状が悪化することもあるからです。