トイレは使用状況により、時には水道詰まりを起こしてしまいます。大体は汚物やトイレットペーパー類の流し過ぎが原因になり、水量に対してあまりに流す量が多くなってしまうと起きやすい傾向にあります。注意しながら利用するとトラブルは回避できますが、生理的なこともあり完璧に対策することは難しいものです。水道詰まりが起きてしまい、修理を試みる際には熱湯を流し込む方法があります。

普通の水温よりも溶けやすい状態にでき、この方法で解消できる可能性はあります。少しの時間を待って少量でも流れるようになった際には、更にお湯を流す作業を繰り返すことも効果的です。熱湯の方法で修理できない場合は、水道詰まりの原因となる汚物やトイレットペーパーを動かす、あるいは引き出す作業が必要です。この修理法で活躍できるのはラバーカップの存在です。

ホームセンターであればどこでも入手できる便利品です。ラバーカップは排水口に押し当てて、ある程度の真空状態を作った上で、持ち手部分を一気に上に引き上げることが基本的な使い方です。押し込むのではなく引き出す作業になることが最大のポイントで、反復して何度も繰り返すと修理できる可能性は高まります。ワイヤー型のブラシを使う方法もあり、非常に便利に使えますが、ブラシの場合は作業後の掃除が大変な一面があるので使い捨て感覚で利用する方法もあります。

これらの方法で修理できない際には、水道詰まりの解消を専門に引き受けている水回りトラブルの会社を利用することは正しい判断です。