賃貸物件で雨漏りが発生した場合には、自身で勝手に雨漏りの修理を行ってしまうと、費用を自身で負担しなくてはならない可能性があります。そこで、賃貸物件での雨漏りの修理では、まずは雨漏りの原因を明確にするようにしましょう。そこで、借主に責任がないと判断された場合には、無料で雨漏りの修理を受けることが出来る可能性があります。そこで、雨漏りが起きたら、早めに賃貸管理会社に連絡をするようにしましょう。

雨漏りが置きているのに、そのまま放置してしまうと、善管注意義務に違反しているとみなされる可能性がありますので、注意が必要です。屋根が破損しているなどの明確な異常が見られる場合には、二次被害を防ぐためにも異常がある部分をシートで覆う、漏れてくる水をバケツなどで受けるようにすることで、被害を最小限にすることが出来ます。なお、借主に責任があると判断されるケースとしては、お風呂のお湯を出しっぱなしにしていたために別の階で雨漏りが起きたという場合や、ベランダの掃除をしなかったために排水口が詰まり、雨漏りを下という場合です。このような借主に明らかな過失があると思われるような時には、借り主に対して賠償責任が生じる可能性がありますので、普段からベランダの掃除などはこまめに行うようにしましょう。

賃貸物件の契約をする際には、雨漏りなどの修繕費が必要となった場合の契約が書かれている場合もありますので、契約時に確認するようにしましょう。