突然の雨漏りは家の中が水浸しになり非常に困ります。すぐに業者が駆けつけてくれれば雨漏りの修理もして貰えますが、ゲリラ豪雨や台風などであちこちの家で雨漏りが発生している場合すぐに雨漏りの修理に来て貰えない事もあります。そんな時自分で少しでも修理したり雨漏りを止めておくことが出来れば安心です。しかし、何処から雨漏りしているのか素人ではなかなか判断しにくいですし、分ってもどのように雨漏りの修理をすればいいかわかりません。

そこで、どの屋根から雨漏りしているのか、またはどの箇所か分ればブルーシートで覆っておくというのが一番手っ取り早い方法です。ブルーシートはホームセンターに行けば売っていますので簡単に手に入れる事が出来ますが、シートで覆っておくだけでは風が吹くと飛んで行ってしまいます。そこで、ある程度しっかりした紐も購入しいろいろな所を括り付けておくと飛んでいくことはなくなります。このシート張りで気を付けたい事は、水が溜まらないようにするという事です。

万が一水が溜まると、一か所に溜まってしまった水が行き場を失い大量になり、やがて耐え切れなくなったシートが破けすべて家の中に入ってしまう恐れがあります。シートを張る際には、たるみがないようにしっかり紐で引っ張るのが良いです。また、梯子などで屋根に上がらなければいけない為、不慣れな梯子でシートを持って上がるのは非常に危険です。もし自信がない場合は無理をせず、業者が来るまで家の中にそのシートを張っておくというのも一つの手段です。