トイレから水漏れするということは、トイレに何らかの不具合が起きているということです。放置していてもいずれなおるということは稀なため、一刻も早く原因を突き止め、対処していくことが大切です。場合によっては、業者に依頼する前に自分で応急処置できる場合もあります。まず、トイレで水が漏れることが多いのが、給水管や排水管からの水漏れです。

給水管は、排水管の分岐箇所から水を供給する管のことです。そして、このタイプの水漏れは、給水管のつなぎ目から発生していることが多く、パッキンの老巧化やナットのゆるみが主な原因となっています。水の漏れを修理する時は、何が原因であったとしても、まず最初に止水栓を止めるようにしましょう。そうすることにより、水の漏れを一時的に防ぐことができますし、修理する際に床が水浸しになるのを防ぐことができます。

パッキンが劣化している場合は、ホームセンターなどで部品を購入し、交換します。ナットは新しい部品と交換したり、締め直したりすることで、水が漏れるのが解消する可能性が高いです。便器にチョロチョロと水が流れている場合は、トイレタンクに原因が隠されている場合があります。トイレタンクの水漏れは、水を止める役割があるボールタップが正常に作動していなかったり、タンク内に溜まっている水をせき止めている栓であるゴムフロート弁がズレていたりなど、原因は様々です。

原因さえ突き止めれば、DIYで修理できることがあるので、まずはタンクを開けて原因について考えて見ることが大切です。あまり詳しくない場合は、無料で相談だけでもしてみると、解決の糸口を探すことができるかもしれません。