日本国内でもっとも信頼性が高いと言われているのがビットフライヤーです。

ビットフライヤーはビットコイン取引量やユーザー数において日本一の規模を誇り、資本金の額も他を圧倒しています。

取引を始める上で、利用する運営会社がどの程度信頼できるのかを確かめることは必須であり、安全な取引をするために面倒でも怠ってはいけない部分です。

余力があれば、運営の仕方についてもきちんと調べておくと安心できます。取引量の多いビットフライヤーなら、倒産のリスクもかなり小さくなります。

取引を行う際には手数料が発生し、その手数料は儲けとして会社に入ることになりますので、取引規模の小さなところよりも格段に安全性がアップするというのは利用者にとって見逃せないメリットです。

儲けが出るとその分セキュリティなどにお金をかけることができ、その結果信頼性が高まるという好循環が生まれますので、規模の大きさは意外と大事な項目になります。

実際に自分が取引をすることを想定すると、手数料の安さも魅力です。2~3回程度の取引なら少しくらい高くても差はありませんが、何度も取引を繰り返せば積み重なって大きな違いになります。

手数料は取引量に応じて0.15%から少しずつ安くなっていく仕組みになっていて、ビットコインと円の現物取引を例に挙げると0.01~0.15%です。

このパーセンテージを見るとすぐに分かりますが、かなり安い手数料で取引を行うことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です