ビットフライヤーは日本の最大手の仮想通貨取引所です。

2014年に設立され、最も歴史がある取引所でもあります。過去にはマウントゴックス取引所なども存在しましたが、現在は倒産しているのでビットフライヤーが最も歴史があるということになっています。

大手3社のうちの1つとも言われていましたが、コインチェック事件などもあって大手3社という言葉はあまり使われなくなりました。大手3社以外にも優良な取引所はあるので、総合的に検討しましょう。

ビットフライヤーは金融庁から業務改善命令を受けたので、現在は新規登録が停止されています。このニュースを受けて不安になる方もいますが、本人確認の流れなどに問題があったために改善するということだけのようです。

マネーロンダリング・犯罪の対策のために本人確認は厳重にされています。ビットフライヤーはその対策が十分ではなかったということでしょう。一時的に新規登録は停止していますが、既存の顧客は引き続き取引を行えます。

新規の人はしばらくは待つ必要があるでしょう。いつまでかかるかはわかりませんが、それほど時間はかからないと予想します。

ハッキング事件が起きたわけではなく、あくまで業務の流れを改善するということが目的だからです。早ければ1ヶ月以内に新規登録ができるようになるのではないでしょうか。

ビットフライヤーはたくさんの企業と提携をしており、ビットコイン決済のためにウォレットは作っておいたほうがよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です