ビットフライヤー(bitFlyer)は2014年1月9日に設立された仮想通貨取引所で、国内の取引所の中では最も歴史が長くて信頼性が高いという特徴があります。

口座数・取引高・資本金がトップクラスで、知名度が高いです。ビットフライヤーのメリットは、取引画面が見やすくて操作がしやすいこと・取引高が多いので多額の売買注文を出しても取引が成立しやすい・主要株主に大企業が含まれるので経営基盤がしっかりしていることなどです。

特に板取引(トレード)は販売所方式よりも操作の難易度が高いので、画面の見やすさや操作性が高いことが求められます。ビットフライヤーの取引画面は一目で多くの情報を得ることができますが、操作性が良いので評判が高いです。

利用者数や取引高が大きいので、注文を出してから取引が成立するまでの時間が短いというメリットもあります。ビットフライヤーのデメリットですが、ビットコイン以外のアルトコインは販売所方式でしか売買ができないことです。

販売所の画面も操作性が良いのですが、他社と比較して手数料(スプレッド)が高いという欠点があります。アルトコイン販売所を利用すると1割以上も手数料がかかるので、多額のコインを取引する場合にはトレード方式で売買ができる他の取引所を利用した方がコストを低く抑えることができます。

ビットフライヤーは信頼性・知名度が高く、操作しやすいので仮想通貨取引の初心者の間で人気を集めています。口座数が急激に増加したことでサポート窓口に問い合わせをしても、返答が来るまでに時間がかかるというデメリットがあります。

サービス内容や取引画面の操作に関して疑問点があれば、インターネットを調べるなどして自分で解決をする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です