日本では最大規模の仮想通貨取引所がビットフライヤーです。

金融機関など、大企業からの出資も多く、金融庁から承認を得ているため、色々と不安を感じる仮想通貨の取引を安心して行うことができます。

資本金は41億円になっていますが、これは日本の他の取引所と比べても多いため、安定性もあります。

過去に仮想通貨取引所が内部で不正に操作を行い、顧客が預けた通貨を着服する事件が発覚したことがあり、外部だけでなく内部からの攻撃も防げるセキュリティ対策が重要です。

また、ビットフライヤーは日本だけでなく海外からの利用者も多いため、標的にされやすいと考えられます。

しかし、セキュリティアプリを提供している企業から2018年にセキュリティで世界一であると評価されていることからも安全性が高いと言えます。

ビットフライヤーではセキュリティ際作で二段階認証の登録が行えますが、これは必ず行っておいた方が良いです。

万一不正に資産が流出したときに備えた補償制度が用意されていますが、この適用条件が二段階認証を行っていることだからです。上限金額があるので十分な補償とは言えませんが、何もないよりも良いでしょう。

他の取引所はセキュリティ対策が劣っているだけでなく、流出時の補償制度もありません。

このようにビットフライヤーは顧客の資産を守れるように十分な配慮が行われている仮想通貨取引所なので、初めて利用する人でも不安を抑えて取引ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です